「おじゃMAP!!」津軽鉄道


「おじゃMAP!!」で香取慎吾くんが、20年まえに描いた
列車の修復をしに行く放送見ました。

スマスマの企画でしたが、見ていたのを憶えています。
子供たちとの交流や絵を描く慎吾くんがとても楽しそうで
今もはっきり覚えています。

もうあれから20年も経ったんですね。
雨風にさらされてボロボロになっている列車は悲しく、
その年月を物語っているようでした。

なぜか私は放送が始まってから終わるまで、涙があふれて
止まりませんでした。
自分でもどうしてなのかわからず、ただただ、こぼれる涙を
拭きつつ見てました。

当時の子供たちも立派に成長して大人になり、親になっていたり
また感慨深いものがありました。
一番、会いたがっていて、慎吾くんに懐いていたシンタロウくんが
亡くなっていたのは、本当にショックでした。
慎吾くんもさぞ悲しかったかと思います。
「もう、いないっす」と言う言葉に涙腺崩壊しました。
20代で亡くなっていたなんて・・・
歳をとり友人が亡くなることはあっても、若くして友人が亡くなるのは
ちょっと想像がつかないです。

だけど、車両に当時の子供たちの名前を書き直している慎吾くんが、
「シンタロウにも会いたかったな」
「絶対見に来てるよ、ずっといたでしょ」
「一番のりじゃない」
と話しながらシンタロウくんの名前を塗りなおしている姿に
また泣けてしまいました。
きっと、見に来ていると感じました(号泣)


生まれて来た以上、誰にでも同じように死が訪れるわけで、
わかっていても若くても老いても亡くなることは悲しいです。

スマスマでの企画だったのに、「おじゃMAP!!」で塗り直しの
企画をしてもらえるなんて、本当に感動感謝でした。
本当にいい回でした。

せっかく塗り直したのだから、何とか雨風を防げるものがあると
いいのになと思いましたね。

3年間は実際に運航されていたようですが、何かと権利問題とか
難しい大人?会社の事情によりあんな形で無人駅に野ざらしに
されていたのは、慎吾くんも実際に見てショックだったと思います。

20年目の節目を振り返り「人生トレーニング」と行った慎吾くん。
いいことも悪いこともたくさんあったけど、それがあってこその
これから・・・と。

今月で契約問題の意思表示を迫られるのでしょうが、
何か落ち着かない気持ちです。
メンバーがどういう道を選ぶのかわかりませんが、
出来ればこれからも4人の姿を見て行けたらいいなと思います。
応援はそのままに!!!!


と、この放送から泣けることが多くなり、気分が沈んでしまい
ちょっとおかしくなっています。
なぜなのか自分でもわからないので、また上がってくるまで我慢です。
意味不明ですね(笑)






posted by ココロ at 2017/06/12 01:05 | SMAP
Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。
Powered by Seesaa